飲食店がUber Eatsを使うことについて【Uber Eats レストランパートナー】

飲食店様のUber Eatsでの販売設定(Uber Eats レストランパートナー)のお手伝い

させていただきました。

私の中では、Uber Eats レストランパートナーは、

まずはお試しで使ってみてもよいサービスでは?

と思うサービスです。

 

販売手数料が高いから手をだすのはちょっと…

と思ってしまう方も多いようです。

実際、
Uber Eatsの売上金額に対して、配達の手数料は一律35%です。
お持ち帰り(テイクアウト)は12%

この点について

①Uber Eats側での利用者向けの割り引きサービスもあります。

私も実際Uber Eatsを使って配達の注文を(お客様として)してみましたが、

アプリをインストールして登録した時点で

割り引きクーポンがもらえて、クーポンを使って購入するとお得に購入できました。

②通常店頭で販売している商品より
UberEatsのアプリ内では

手数料を考え値段を高く設定しているお店が多いです。

 

ここを考え商品1つ1つの値段設定をしっかり考えて使ってみることをおすすめします。

今、日本にいる外国の方も多いのでメニューは英語表記もするとよいかと思います。

そして、お手伝いしてみて気づいたのですが

時々、Uber Eatsのスタッフの方から電話で連絡もいただけて

分からない事があるときは直接電話で聞くことが可能でした。

今、一般的に電話での問い合わせが減ってきていますが、

UberEatsはトラブルについても

電話対応ができるので、とっても便利だと思っています。

 

そして

・販売手数料のみで、初期投資・月額費用がかからない
・販売時の カード決済手数料はUber負担してくれる
・ 解約金や違約金なし

と、メリットの記載がありますが、

私がお手伝いした時は

登録時にUberEatsのタブレットレンタルを使用したため、

タブレットのレンタル代金がかかりました。

端末レンタ合計22,500円を15週(各週1,500円)に分割して売上から引かれるようになっていました。

1,500円の売上がない場合は引かれず翌週に引かれました。

この点だけしっかりと分かっていただければ

お試しでやってみてもよいのでは?

と思うサービスです。

(ご自身でタブレットを準備できればタブレットレンタル不要)

 

注文が入ったら

配達員の方が取りに来るので

TAKE OUTで渡せる器などに商品を準備して

袋にいれて配達の方に間違いないように渡す。

売上の振込は1週間ごとになります。

 

お客様も増える面白いサービスなので一度お試ししてみては?

と思います。