検索エンジンの登録【bing ,google】SEO対策、サイトマップまで

2019-12-15

SEO対策でもっとも重要なのは検索エンジンの登録ですが、

登録してますか?登録されてないと検索されないですね。

まず、ホームページやブログを始めたら、googleさんやbingさんに、ホームページ作りました!こんな内容ですよ!

とお伝えしないと、googleさんにも気づかれず、検索されませんので、まだのようでしたら 登録してくださいね。

私の登録のお勧めの順番としては、

Google アナリティクスにサイトを登録。・・・googleのchrome(ホームページを閲覧するソフト又はアプリ)で、何人くらいホームページを見ているか?どのページがよく見られているか?今みている人がいるか、どこで見てるかまでいろいろわかります。アクセス解析と呼ばれる場合もあります。

で、もっと詳しく知るためには、アナリティクスのページから連携している

Googles サーチコンソールへの連携をしてください。・・・どんな言葉で検索して、ホームページを見に来てくれたかがわかります。

アナリティクスと連携ができるのでとっても簡単に登録できます。連携するとアナリティクスのページで、 ▼集客 ←をクリック ▼Search Consore←クリックで選ぶと、何の言葉の検索で何位くらいとかまで分かります。

googleさんへの連絡が終わったら、次は

bing web マスターへの登録をおすすめします。・・・これは、マイクロソフトの検索エンジンです。Windowsのパソコンを使っている方は、知らずにこの検索エンジンを使っている場合があります。

bingの検索(Windowsの標準装備のEdgiというホームページを閲覧するソフト又はアプリ)での検索結果がわかります。googleのGoogle Search Console との連携が出来る為、Google Search Console登録後にこちらの登録をすると、連携すればすぐ登録完了です。

※ところで、良く聞くもうひとつの検索と言えば、「Yahoo!」ですが、こちらは何年か前までは、Yahoo!のホームページでの登録が必要だったのですが、最近はgoogleと一緒になったという報道があってから、登録するページがなくなり、googleに登録してあればyahoo!でも検索してくれるそうです。

そして、

googleさん や bingさんに 登録していくと、サイトマップという言葉が出てきます。なくても登録はできますが、あるとお得だと思います。

このサイトマップというのは、人間がみるページではなく、コンピューター(AI?)がみるページで、このホームページにはこんなページがありますよ。という一覧のマップ(地図・もくじ)が作ってある1ページです。

1ページのアドレス(URL)ができるので、そのアドレスをgoogleやbingで指定されたサイトマップという欄に貼るだけです。

例えば、googleさんが、あなたのサイトに来たときに、サイトマップでページを確認して、新しいページがあれば追加もしてくれます。

で、サイトマップは、自分で作るんですよね。

誰かに教えてもらわなければ、知らない人も多いのでは?私の場合は、SEOについてすっごい調べた時にサイトマップに出会えました。

で、サイトマップでどうやってつくるの???となりますが、

アメブロではサイトマップが今の時点では、システム上では作れないようでした。

作り方はいろいろありますが、

ワードプレスの場合は、(このサイトもワードプレスを使ってます。)

私の場合はですが、プラグインでサイトマップ「xml-sitemap」を入れて、サイトマップを作りました。プラグインで追加した後は、設定⇒xml-sitemapというところがあるので、そこでアドレスを確認、設定できます。

1回サイトマップを作ってしまえば、あとは、なんだかよくわからないけど、ワードプレスの方で新しいページができる度に、勝手にsite-mapに追加しておいてくれるので、放置してます。AIにお任せです(笑)

この他の作り方は、「サイトマップ 作り方」で検索してみてくださいね。

とりあえずこんな感じで、検索エンジン登録についてでした。

登録した後は、たまにログインして、誰かホームページ見にきてくれたかな?どんな文字で検索しにきてるかな?と見てみてくださいね。検索文字は、検索で何位くらいに表示されるかもわかるので、何かの参考になる場合がありますよ~。

ちなみに、googleもbingも登録は、無料でホームページやブログを持っている方でしたら登録可能です。

詳しい登録の仕方などは、「Google アナリティクス」で検索すればいっぱい出てきますよ。ハウツー本も出版されてます。

クリック⇒アナリティクスのハウツー本【Aamzon】